Chapter6本州最涯の地「尻屋崎」であの子とランデブー

もう絶対寝過ごさないと、なぜか動画を撮りだす僕。

最後にバスが向かったのは、東通村の尻屋崎(しりやざき)という、下北半島の北東部の先端に位置するスポット。ここでは何やら動物がいるという情報までは聞いているのだが…。

どうでもいいが、ここに来る途中やたら「尻」のつく標識が気になった。どんだけケツが好きなんだ下北半島。

!?

なんだあれ…

あれは、寒立馬(かんだちめ)ですね。県の天然記念物で、厳しい寒さの中でも耐えることができる人懐っこいお馬さんです

普通に道路歩いてますけど…

敷地内で放牧されていて、とても近い距離で見ることができます。飴マンさんも気に入られるんじゃないですか?

こわい。

近くにいくとわかるけどめっちゃでかいですね…

人懐っこいのは確かですけど、絶対後ろには立たないでくださいね

しばしの間、お馬さんとランデブー。こうしてみるととても平和な光景だ。

広大な大地に放たれる馬の美しさは思った以上に感動的だが、馬の糞があちらこちらに散らばっているので、歩くときは気をつけるように。

そして魅力は寒立馬だけじゃない。海と空と草原と、最高のロケーションでちょっと寝そべって至福の時間を過ごすのも悪くないな。

満喫しましたか? それでは駅の方まで戻りますよ

お、とうとう拉致の旅…じゃなくて下北をまわる旅も終わりですね。弘前までは運行してますか?

してません

Nextそして無事、下北へ帰還。

青森県下北半島観光ルートバス「ぐるりんしもきた号」

ぐるりんしもきた号は、恐山・大間崎・仏ヶ浦など、下北半島の主要な観光地を巡ることができるルートバスです。 1日かけてのんびりと下北の旅を楽しんでみませんか?
2016年5月3日(火)〜10月30日(日)
詳細はコチラから!

Chapter1りんご飴マン、下北に参上。

楽しみにしていた下北デートのはずが…?

Chapter2下北弁でほっこりするバスの車内

ご当地ガイドさんの面白トークに車内は爆笑

Chapter3やっぱり別格だった大間のマグロ

最高級ブランドをいただきます!

Chapter4本州最果ての魔界「仏ヶ浦」

青森の誇る秘境に突入!

Chapter5あの世とこの世をつなぐ霊場「恐山」

日本三大霊場は、この世とあの世が交錯する場所

Chapter6本州最涯の地「尻屋崎」であの子とランデブー

下北の先端、海と空と草原と◯◯…?

Chapter7そして無事、下北へ帰還。

ただいま〜。結局、このツアーって何だったの?

Chapter8おまけ

りんご飴マンとりんご飴美女のその後

TOP