神秘的で豊かな自然と魅力的な人たちに会いに来て

ぐるりんしもきた
青森県下北半島旅ガイド

仏ヶ浦ほとけがうら

仏ヶ浦は自然が織りなす造形美

下北半島の西岸にある半島を代表する景勝地です。
白緑色の凝灰角礫石はおおよそ1500万年前のグリーンタフ造山運動によって出現し、100m近い高さの奇岩・怪石が2kmにも渡って連なっています。
長い年月をかけて風雨に洗われてきた自然美は、実際に目にするとそのスケールに圧倒されます。

如来の首、五百羅漢、一つ岩、観音岩、極楽浜など、仏にちなんだ名前がそれぞれつけられ、夏は穏やかに、冬は厳しくたたずんで、極楽浄土を思わせます。
国の名勝天然記念物にもなっています。

<仏ヶ浦観光方法>
津軽海峡文化館アルサスより観光船が出航しております。

 観光船は2社が営業しております。

 佐井定期観光ホームページ

 仏ヶ浦海上観光ホームページ

 詳しくは上記をご確認ください。

 津軽海峡文化館アルサスまで、大間フェリーターミナルから車で約30分(約15㎞)

■国道338号沿いの駐車場に車を停めて遊歩道を利用

 駐車場まで、大間フェリーターミナルから車で約60分(約40㎞)

 遊歩道は歩く距離がございます。ご留意くださいますようお願いいたします。

■仏ヶ浦展望台から眺める

 展望台まで、大間フェリーターミナルから車で約60分(約35㎞)

  • 7.jpg
  • 5.jpg
  • 210d166e5f9aaa41cc38fd89328f14be.jpg
  • 4.jpg
7.jpg5.jpg210d166e5f9aaa41cc38fd89328f14be.jpg4.jpg