神秘的で豊かな自然と魅力的な人たちに会いに来て

ぐるりんしもきた
青森県下北半島旅ガイド

本州最北端の地ほんしゅうさいほくたんのち

最果ての地と薄幸の詩人の歌碑
大間町の先端、北緯41度33分、東経140度58分の場所には「こヽ本州最北端の地」の碑がそびえ立っている。大間崎と北海道の函館市汐首岬は17.5kmしか離れておらず、弁天島の向こうには渡島連峰をのぞむことができる。また、ここより徒歩1分のところに地元有志が集まり、弁天島が見えるこの地に「東海の小島の磯の白砂にわれ泣きぬれて蟹とたはむる」のという石川啄木の歌碑が建立され、地元では大間崎の沖合いにある弁天島のことを詠んだものと言われている。
■アクセス/むつ市内より車で約60分・むつバスターミナルより下北交通バス佐井行きで98分、バス停大間崎下車

  • 69d8e5559788b9ac966aa9c12ea481cc.jpg
  • honsyuusaihoku02.jpg
  • honsyuusaihoku01.jpg
69d8e5559788b9ac966aa9c12ea481cc.jpghonsyuusaihoku02.jpghonsyuusaihoku01.jpg